一番伝えたい事は?

名刺目的が決まったら、名刺で何を伝えたいか、を考えます。名刺の紙面はとても小さいので、あれもこれも載せるわけにはいきません。限られた範囲で効果的に情報を伝えるために、一番伝えたいことはなにか、見る人の気持ちも考えながら、決めていきましょう

名前と顔をしっかり伝えたいのであれば、名前を大きめに記載したり、ふりがなをつけたりするとよいでしょう。顔写真や似顔絵を入れるとインパクト大。顔と名前を一緒に覚えてもらうことができます。いつでも連絡してほしい、という思いを伝えるのであれば、携帯電話の番号を記載しておくのもポイント。特に外回りが多い仕事をしているのであれば、電話取次によるタイムラグを防止し、仕事につながるチャンスを逃すこともなくなります。

自分や会社のウリをキャッチコピーにして伝えると、事業コンセプトやビジネスへの思いを伝えやすくなります。短い文章の中に、どれだけコンパクトに詰め込めるか、難しいところではありますが、訴求力のあるキャッチコピーが記載されていれば、ビジネス用でもプライベート用でも、その言葉に共感する人が声をかけてくれるようになるはずです。ある会社では「私の会社でのニックネーム」を全員の名刺に記載し、名刺交換時の話題のきっかけづくりをした、という事例もあります。

 

小さな空間で自分を自由に表現することができるオリジナル名刺

社会人になると、就いた業種にもよりますが、名刺を持つことになる人も多いでしょう。その中でも会社員の場合、仕事で使用する名刺は、たいてい会社で作られた会社仕様のものが多いと思います。会社仕様の名刺には、コストがあまりかからないことや、会社自体の信用性が活かせるというメリットがあります。しかし、最近では名刺で自分自身を表現することができる、個人用のオリジナルの名刺が注目を集めてきています。形式にとらわれることのないオリジナルの名刺は、ちょっとした集まりのときなどにも活躍してくれるでしょう。

オリジナルの名刺を作ると、様々なメリットが生まれます。名前と顔を覚えてもらいやすくなること、名刺というアイテムだけでその人が何をやっている人なのか分かるようになること、初対面の人とでも話題を広げることができることなどです。オリジナル名刺の具体的な内容は、紙質を変えることや柄を入れること、カラフルにするなどの簡単なものから、自分の写真を入たり香りつきにしている人もいるようです。自分自身を一言で表現する、キャッチコピーをつけるというのもおもしろい方法だと思います。

 

思い出す仕組みを名刺に入れる

長く記憶をすることは簡単なことではありません。人の名前も人間は忘れます。声をかけたり、会話をしたりしていなければ、すぐに忘れてしまうということもあるのです。仕事をしていくのであれば、仕事の前に自分たちを思い出すことができるようにしておかなければなりません。困った時に、専門分野の会社の名刺を持っていれば、その名刺からアクセスを行なう流れを作っていくことができます。会社名や人の名前を覚えていかなくても、自分が困った問題に対して解決してくれる人の存在を思い出すことができれば、仕事を依頼することができます。

そのようにして、気が付いた時にすぐにアクセスをすることが可能になるような状態にしていくことが大事です。仕組みによって、人が利益を上げることを考えていくことも大事です。思い出すためにも、1度出会っておくことが大事になります。そのようにして、自分たちの会社にアクセスをすることができるような仕組みや環境を作っておくことが大事です。いまの時代では沢山の入り口があります。インターネットを使うこともできます。しかし、顧客が企業を確認して、その後、思い出して連絡をすることができながれを作っておかなければ、連絡は入ってこないのです。工夫をしくことです。