一番伝えたい事は?

名刺目的が決まったら、名刺で何を伝えたいか、を考えます。名刺の紙面はとても小さいので、あれもこれも載せるわけにはいきません。限られた範囲で効果的に情報を伝えるために、一番伝えたいことはなにか、見る人の気持ちも考えながら、決めていきましょう

名前と顔をしっかり伝えたいのであれば、名前を大きめに記載したり、ふりがなをつけたりするとよいでしょう。顔写真や似顔絵を入れるとインパクト大。顔と名前を一緒に覚えてもらうことができます。いつでも連絡してほしい、という思いを伝えるのであれば、携帯電話の番号を記載しておくのもポイント。特に外回りが多い仕事をしているのであれば、電話取次によるタイムラグを防止し、仕事につながるチャンスを逃すこともなくなります。

自分や会社のウリをキャッチコピーにして伝えると、事業コンセプトやビジネスへの思いを伝えやすくなります。短い文章の中に、どれだけコンパクトに詰め込めるか、難しいところではありますが、訴求力のあるキャッチコピーが記載されていれば、ビジネス用でもプライベート用でも、その言葉に共感する人が声をかけてくれるようになるはずです。ある会社では「私の会社でのニックネーム」を全員の名刺に記載し、名刺交換時の話題のきっかけづくりをした、という事例もあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です