名刺の2つの目的

効果的な名刺を作るためにまず考えるのは名刺の目的です。その目的は大きく分けて2つ。趣味などのプライベート目的か、仕事につなげるビジネス目的か、です。

作成プライベート目的で作成する場合は、できるだけ自分のプロフィールを充実させる必要があります。趣味の集まりで使うことを想定しているのであれば、その趣味に関することを詳しく記載してもいいでしょう。個人的な集まりの際に使うものでも、特技を詳しく、たくさん書いておくと、共通の趣味や特技を持った人とつながりやすくなります。会いたいと思っていた人や、イベントを紹介してもらえることもあるでしょう。最近話題の「おやこ名刺」など、配布する人が狭い場合は、その人たちと共通の話題、たとえば子どもの名前などを記載したり、本名ではなく仲間内だけのニックネームを記載しておくのも印象的です

ビジネス目的で作成する場合は、社名や連絡先などの基本情報だけでなく、会社や商品、サービスのウリやコンセプトを記載しておくと効果的です。どんなサービスを提供できるかなどを記載しておくことで、他社との差別化にもつながります。会社の理念などをしっかり知ってもらい、共感してもらいたい場合は、QRコードなどでWebサイトに誘導するようにすれば、印象にも残りやすくなるでしょう。

 

名刺の作り方とその役割

名刺とは、本人が自ら自分の名前や所属、連絡先などなどを示すために渡すことを目的としたカードであります。名刺は、自己紹介の一環として交換されたり、職業上の礼儀のために手渡されるものであります。最近ではただ名前と電話番号が書いてあるだけでなく、会社内で使用されているメールアドレスや、なかには顔を入れて作成をお願いする人もいます。名刺の作り方は、名刺作成専用のソフトを使用し、出来上がったら名刺専用の紙で印刷をし、専用の裁断機で切っていきます。私も一度だけ手伝ったことがあります。

その内容としましては、ある会社からソフトが送られてきて、正しい名刺と照らし合わせながら間違った名前や電話番号などが書かれていたところを修正する作業を行いました。知らない人の名刺を修正するとはいえ、ミスが許される訳ではありません。そのため、細かい作業が苦手な私にとっては苦労しました。このように名刺とは、自分自身を知ってもらうために欠かせられない道具の一つです。

 

名刺を作成するために必要なこと

会社に勤めると名刺を作成しなければならない人も出てきますが、名刺を作成するときには必要なことがいくつかあります。まず気をつけなければならないことは自分の名前が正しく印刷されなければならないです。間違った名前で印刷されてしまったら作り直さなければならないです。そのほかにも自分がどの所属にいるのかなどをしっかり名刺に記入されていなければならないため、名刺には大切なことが数多くあります。一つ一つ気をつけなければならないため、名刺を作成するときには注意して作成しなければならなくなります。

名刺を完成することが出来たらまずはどこか間違っているところがあるかどうかを確認しなければなりません。少しでも間違っているところがありますと直さなければならないからです。他人に見せるため、失礼なことは一切出来ません。少しの無礼が相手の機嫌を損ねてしまい、関係が崩れてしまうこともあるので、名刺を作成したり名刺の受け取り方をしっかり覚えておくべきです。