名刺は目的にあわせて

ビジネスサラリーマンでもフリーランスでも、ビジネスのシーンで始めて会う人と名刺を交換するのは、日本のビジネスマナーの1つ。名刺交換の際の作法だけでなく、どんな名刺を差し出したか、でも、その後の印象は大きく変わります。最近では「名刺は不要」という人も少なくありません。確かに、連絡先を知るためには会社名でネット検索すれば住所も電話番号もわかります。連絡は電話ではなくメールがあればよいし、個人のことを知りたいと思ったらSNSのページを見ると、プライベートな個性も分かります。つながりたいと思ったら、SNSで友達申請すればよいのです。名刺をもらっても、アプリでデータ化して管理し、名刺自体は机の奥、ということも多いでしょう。

ですが、名刺が持つ力は馬鹿にできない、というのも事実。名刺を持っていない人が、個人的にセミナーや異業種交流会に参加して、名刺交換できずに困った、という体験談もあります。よい印象を残すことができれば、仕事にもつながりやすい、それが1枚の名刺の力です。最近では、ビジネス用だけでなく、プライベート用に名刺を作る人も多くなりました。ビジネスに使う場合でも、より自分をアピールできるよう、会社から支給されている名刺にプラスして、自分の特徴などを記載した名刺を渡す人もいます。

名刺が持つ力を最大限に活用するためには、どんな名刺を作成したらよいのでしょうか。重要なのは、名刺にどんな役割をもたせるのか、という、名刺の目的を明確にすること。このサイトでは、名刺の目的を考えながら、効果的なPRツールとしての名刺を作成するポイントを紹介します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です