名刺の歴史とどう使われていたか

名刺14

名刺はサラリーマンには、欠かせないものですし、事業をしている個人でも欠かせないものでしょう。使われているのはアジア圏が多くて中国や台湾、韓国や日本などでしょう。もちろん紹介の道具ですので名前をいちばん大きくして、住所や電話番号を下の方に小さく書くのが普通でしょう。

また裏側には英語表記が成されたりしていますね。外国人との接触も意識されています。今ではそういうことが多いので、裏が英語の名刺はよく見られます。私も貿易関係の仕事でしたから、裏は英語でした。今はもうインターネットが盛んに使われていて、スマホもあり商売に欠かせないものですので、代わりにメールでのやり取りがおもになっているようですね。

だんだん廃れていくのかもしれません。というよりも紙ではなくて同じようなものをメールでやり取りするのでしょう。そういうものもありますね。写真入のものありますが、何とフランスで最初に1850年ごろ特許を取っているそうで、その頃はパーティで使われていたそうです。

面白いですね。また他の国例えばロシアやドイツでも貿易に限って使っていたとか。確かに必要ですよね。その頃では。そのように歴史的にも面白い流れで今に至っているということですね。