デザインにもこだわる

デザイン思っているより印象に残っているのはデザイン。必要な情報が見やすくデザインされているか、色やフォントのバランスはどうか、など、名刺のデザインは重要です。デザインやセンスをウリにしている人であれば、名刺のデザイン1つで仕事につながることもありますどんな紙に印刷するか、も重要なポイント。名刺といえば白い紙、と思いがちですが、印刷技術が向上し、プラスチックカードやメタリックフィルム、和紙などの特殊紙だけでなく、木やコットン(綿)素材に印刷したものなどもあります。名刺は手で受け取るもの。思っているより、触れたときの手触りから受ける印象も大きいので、予算があれば、印刷用紙にこだわってみてもよいでしょう

名刺の印刷は個人でも可能です。自宅のプリンターで印刷できる名刺用紙も、さまざまな特殊素材が販売されており、デザインテンプレートも、Webで検索すればデザイナーが作ったものが無料で配布されています。ですが、受け取ったときの印象やインパクトを考えるのであれば、名刺作成業者に依頼して、きれいに印刷してもらうのもオススメ。インク代や紙代などを考えると、コスト的にもそれほど大きくは変わりません。

たった1枚の名刺ですが、そこから広がる世界は無限大。名刺を使う目的をしっかり考えて、ビジネスでもプライベートでも、自分をしっかりアピールしてくれる、大事なパートナーとしての名刺を、作ってみましょう。

参照リンク…高品質な名刺作成ならデザイン名刺.net【即日スピード印刷/発送】

一番伝えたい事は?

名刺目的が決まったら、名刺で何を伝えたいか、を考えます。名刺の紙面はとても小さいので、あれもこれも載せるわけにはいきません。限られた範囲で効果的に情報を伝えるために、一番伝えたいことはなにか、見る人の気持ちも考えながら、決めていきましょう

名前と顔をしっかり伝えたいのであれば、名前を大きめに記載したり、ふりがなをつけたりするとよいでしょう。顔写真や似顔絵を入れるとインパクト大。顔と名前を一緒に覚えてもらうことができます。いつでも連絡してほしい、という思いを伝えるのであれば、携帯電話の番号を記載しておくのもポイント。特に外回りが多い仕事をしているのであれば、電話取次によるタイムラグを防止し、仕事につながるチャンスを逃すこともなくなります。

自分や会社のウリをキャッチコピーにして伝えると、事業コンセプトやビジネスへの思いを伝えやすくなります。短い文章の中に、どれだけコンパクトに詰め込めるか、難しいところではありますが、訴求力のあるキャッチコピーが記載されていれば、ビジネス用でもプライベート用でも、その言葉に共感する人が声をかけてくれるようになるはずです。ある会社では「私の会社でのニックネーム」を全員の名刺に記載し、名刺交換時の話題のきっかけづくりをした、という事例もあります。

名刺の2つの目的

効果的な名刺を作るためにまず考えるのは名刺の目的です。その目的は大きく分けて2つ。趣味などのプライベート目的か、仕事につなげるビジネス目的か、です。

作成プライベート目的で作成する場合は、できるだけ自分のプロフィールを充実させる必要があります。趣味の集まりで使うことを想定しているのであれば、その趣味に関することを詳しく記載してもいいでしょう。個人的な集まりの際に使うものでも、特技を詳しく、たくさん書いておくと、共通の趣味や特技を持った人とつながりやすくなります。会いたいと思っていた人や、イベントを紹介してもらえることもあるでしょう。最近話題の「おやこ名刺」など、配布する人が狭い場合は、その人たちと共通の話題、たとえば子どもの名前などを記載したり、本名ではなく仲間内だけのニックネームを記載しておくのも印象的です。   

ビジネス目的で作成する場合は、社名や連絡先などの基本情報だけでなく、会社や商品、サービスのウリやコンセプトを記載しておくと効果的です。どんなサービスを提供できるかなどを記載しておくことで、他社との差別化にもつながります。会社の理念などをしっかり知ってもらい、共感してもらいたい場合は、QRコードなどでWebサイトに誘導するようにすれば、印象にも残りやすくなるでしょう。

名刺は目的にあわせて

ビジネスサラリーマンでもフリーランスでも、ビジネスのシーンで始めて会う人と名刺を交換するのは、日本のビジネスマナーの1つ。名刺交換の際の作法だけでなく、どんな名刺を差し出したか、でも、その後の印象は大きく変わります。最近では「名刺は不要」という人も少なくありません。確かに、連絡先を知るためには会社名でネット検索すれば住所も電話番号もわかります。連絡は電話ではなくメールがあればよいし、個人のことを知りたいと思ったらSNSのページを見ると、プライベートな個性も分かります。つながりたいと思ったら、SNSで友達申請すればよいのです。名刺をもらっても、アプリでデータ化して管理し、名刺自体は机の奥、ということも多いでしょう。

ですが、名刺が持つ力は馬鹿にできない、というのも事実。名刺を持っていない人が、個人的にセミナーや異業種交流会に参加して、名刺交換できずに困った、という体験談もあります。よい印象を残すことができれば、仕事にもつながりやすい、それが1枚の名刺の力です。最近では、ビジネス用だけでなく、プライベート用に名刺を作る人も多くなりました。ビジネスに使う場合でも、より自分をアピールできるよう、会社から支給されている名刺にプラスして、自分の特徴などを記載した名刺を渡す人もいます。

名刺が持つ力を最大限に活用するためには、どんな名刺を作成したらよいのでしょうか。重要なのは、名刺にどんな役割をもたせるのか、という、名刺の目的を明確にすること。このサイトでは、名刺の目的を考えながら、効果的なPRツールとしての名刺を作成するポイントを紹介します。