デザインにもこだわる

デザイン思っているより印象に残っているのはデザイン。必要な情報が見やすくデザインされているか、色やフォントのバランスはどうか、など、名刺のデザインは重要です。デザインやセンスをウリにしている人であれば、名刺のデザイン1つで仕事につながることもありますどんな紙に印刷するか、も重要なポイント。名刺といえば白い紙、と思いがちですが、印刷技術が向上し、プラスチックカードやメタリックフィルム、和紙などの特殊紙だけでなく、木やコットン(綿)素材に印刷したものなどもあります。名刺は手で受け取るもの。思っているより、触れたときの手触りから受ける印象も大きいので、予算があれば、印刷用紙にこだわってみてもよいでしょう

名刺の印刷は個人でも可能です。自宅のプリンターで印刷できる名刺用紙も、さまざまな特殊素材が販売されており、デザインテンプレートも、Webで検索すればデザイナーが作ったものが無料で配布されています。ですが、受け取ったときの印象やインパクトを考えるのであれば、名刺作成業者に依頼して、きれいに印刷してもらうのもオススメ。インク代や紙代などを考えると、コスト的にもそれほど大きくは変わりません。

たった1枚の名刺ですが、そこから広がる世界は無限大。名刺を使う目的をしっかり考えて、ビジネスでもプライベートでも、自分をしっかりアピールしてくれる、大事なパートナーとしての名刺を、作ってみましょう。

参照リンク…高品質な名刺作成ならデザイン名刺.net【即日スピード印刷/発送】

 

名刺は用紙さえ購入すると簡単に作成できる

名刺を簡単に作成する方法があります。まず、名刺の台となる用紙を購入します。用紙は、通販サイトはもちろんのこと近所にあるスーパーの文房具売り場でも簡単に手に入れられます。用紙を用意したら、たとえば購入した用紙の表面に名刺を簡単に作成するサイトがURLとともに紹介されていると思います。そのサイトで作成ツールをダウンロードしましょう。どんな人でも簡単に名刺を作ることが出来ます。名刺の台紙はバラエティに富んでいます。角型のもの角が丸いものなどいろいろあります。名刺用紙が出始めたときのミシン目入りの用紙は、ふちががたがたで、本当に手作り感満載でしたが最近の用紙はきれいにくり抜きが出来て手触りもとてもいい感じです。

作成ツールを使って名刺を作るときに、イラストや写真を組み合わせることもできるのでオリジナル感がとても出ていい感じです。初めて会う人に印象が強く残ること間違いなしです。名刺は、自分の顔でもあります、感じのいい名刺を作ってみませんか。

 

わざと斜めに構えた名刺

名刺の文字は、たいてい横書きで印字されています。たまに縦書きの名刺を見かける事もありますが、オーソドックスなタイプは横書きという事になります。無難に考えるとしたら、横書きになります。ところが、世の中には本当にユニークな名刺が有るものです。この間、斜め書きの名刺を渡されました。デザイナーさんです。しかも、名刺の背景色が黒です。黒い紙に白い文字で書いてある名刺を目にする事は稀にありますが、字を斜めに書いてあるのはさすがに珍しいものです。かなりインパクトが強く、未だに私の脳裏に焼きついています。

印象としては、パンクな感覚です。よく、コンサートなどに行くとたまに黒いTシャツの裏側に派手なイラストや特殊なフォントでの字で印刷されている服装に人を見かけます。パンクな印象を受けるのですが、それと似た感覚を覚える事は確実です。基本、名刺はある程度格式ばったものというイメージをお持ちの方は、字が斜め書きで黒地というタイプを受け取ると強烈なインパクトが残るものなのです。つまり、それが作戦です。ただし、ある程度使う相手を選ぶ必要が有ります。そのようなタイプの名刺に抵抗が有る人ですと、逆にマイナスイメージを与える危険があるからです。

一番伝えたい事は?

名刺目的が決まったら、名刺で何を伝えたいか、を考えます。名刺の紙面はとても小さいので、あれもこれも載せるわけにはいきません。限られた範囲で効果的に情報を伝えるために、一番伝えたいことはなにか、見る人の気持ちも考えながら、決めていきましょう

名前と顔をしっかり伝えたいのであれば、名前を大きめに記載したり、ふりがなをつけたりするとよいでしょう。顔写真や似顔絵を入れるとインパクト大。顔と名前を一緒に覚えてもらうことができます。いつでも連絡してほしい、という思いを伝えるのであれば、携帯電話の番号を記載しておくのもポイント。特に外回りが多い仕事をしているのであれば、電話取次によるタイムラグを防止し、仕事につながるチャンスを逃すこともなくなります。

自分や会社のウリをキャッチコピーにして伝えると、事業コンセプトやビジネスへの思いを伝えやすくなります。短い文章の中に、どれだけコンパクトに詰め込めるか、難しいところではありますが、訴求力のあるキャッチコピーが記載されていれば、ビジネス用でもプライベート用でも、その言葉に共感する人が声をかけてくれるようになるはずです。ある会社では「私の会社でのニックネーム」を全員の名刺に記載し、名刺交換時の話題のきっかけづくりをした、という事例もあります。

 

小さな空間で自分を自由に表現することができるオリジナル名刺

社会人になると、就いた業種にもよりますが、名刺を持つことになる人も多いでしょう。その中でも会社員の場合、仕事で使用する名刺は、たいてい会社で作られた会社仕様のものが多いと思います。会社仕様の名刺には、コストがあまりかからないことや、会社自体の信用性が活かせるというメリットがあります。しかし、最近では名刺で自分自身を表現することができる、個人用のオリジナルの名刺が注目を集めてきています。形式にとらわれることのないオリジナルの名刺は、ちょっとした集まりのときなどにも活躍してくれるでしょう。

オリジナルの名刺を作ると、様々なメリットが生まれます。名前と顔を覚えてもらいやすくなること、名刺というアイテムだけでその人が何をやっている人なのか分かるようになること、初対面の人とでも話題を広げることができることなどです。オリジナル名刺の具体的な内容は、紙質を変えることや柄を入れること、カラフルにするなどの簡単なものから、自分の写真を入たり香りつきにしている人もいるようです。自分自身を一言で表現する、キャッチコピーをつけるというのもおもしろい方法だと思います。

 

思い出す仕組みを名刺に入れる

長く記憶をすることは簡単なことではありません。人の名前も人間は忘れます。声をかけたり、会話をしたりしていなければ、すぐに忘れてしまうということもあるのです。仕事をしていくのであれば、仕事の前に自分たちを思い出すことができるようにしておかなければなりません。困った時に、専門分野の会社の名刺を持っていれば、その名刺からアクセスを行なう流れを作っていくことができます。会社名や人の名前を覚えていかなくても、自分が困った問題に対して解決してくれる人の存在を思い出すことができれば、仕事を依頼することができます。

そのようにして、気が付いた時にすぐにアクセスをすることが可能になるような状態にしていくことが大事です。仕組みによって、人が利益を上げることを考えていくことも大事です。思い出すためにも、1度出会っておくことが大事になります。そのようにして、自分たちの会社にアクセスをすることができるような仕組みや環境を作っておくことが大事です。いまの時代では沢山の入り口があります。インターネットを使うこともできます。しかし、顧客が企業を確認して、その後、思い出して連絡をすることができながれを作っておかなければ、連絡は入ってこないのです。工夫をしくことです。

 

名刺の2つの目的

効果的な名刺を作るためにまず考えるのは名刺の目的です。その目的は大きく分けて2つ。趣味などのプライベート目的か、仕事につなげるビジネス目的か、です。

作成プライベート目的で作成する場合は、できるだけ自分のプロフィールを充実させる必要があります。趣味の集まりで使うことを想定しているのであれば、その趣味に関することを詳しく記載してもいいでしょう。個人的な集まりの際に使うものでも、特技を詳しく、たくさん書いておくと、共通の趣味や特技を持った人とつながりやすくなります。会いたいと思っていた人や、イベントを紹介してもらえることもあるでしょう。最近話題の「おやこ名刺」など、配布する人が狭い場合は、その人たちと共通の話題、たとえば子どもの名前などを記載したり、本名ではなく仲間内だけのニックネームを記載しておくのも印象的です

ビジネス目的で作成する場合は、社名や連絡先などの基本情報だけでなく、会社や商品、サービスのウリやコンセプトを記載しておくと効果的です。どんなサービスを提供できるかなどを記載しておくことで、他社との差別化にもつながります。会社の理念などをしっかり知ってもらい、共感してもらいたい場合は、QRコードなどでWebサイトに誘導するようにすれば、印象にも残りやすくなるでしょう。

 

名刺の作り方とその役割

名刺とは、本人が自ら自分の名前や所属、連絡先などなどを示すために渡すことを目的としたカードであります。名刺は、自己紹介の一環として交換されたり、職業上の礼儀のために手渡されるものであります。最近ではただ名前と電話番号が書いてあるだけでなく、会社内で使用されているメールアドレスや、なかには顔を入れて作成をお願いする人もいます。名刺の作り方は、名刺作成専用のソフトを使用し、出来上がったら名刺専用の紙で印刷をし、専用の裁断機で切っていきます。私も一度だけ手伝ったことがあります。

その内容としましては、ある会社からソフトが送られてきて、正しい名刺と照らし合わせながら間違った名前や電話番号などが書かれていたところを修正する作業を行いました。知らない人の名刺を修正するとはいえ、ミスが許される訳ではありません。そのため、細かい作業が苦手な私にとっては苦労しました。このように名刺とは、自分自身を知ってもらうために欠かせられない道具の一つです。

 

名刺を作成するために必要なこと

会社に勤めると名刺を作成しなければならない人も出てきますが、名刺を作成するときには必要なことがいくつかあります。まず気をつけなければならないことは自分の名前が正しく印刷されなければならないです。間違った名前で印刷されてしまったら作り直さなければならないです。そのほかにも自分がどの所属にいるのかなどをしっかり名刺に記入されていなければならないため、名刺には大切なことが数多くあります。一つ一つ気をつけなければならないため、名刺を作成するときには注意して作成しなければならなくなります。

名刺を完成することが出来たらまずはどこか間違っているところがあるかどうかを確認しなければなりません。少しでも間違っているところがありますと直さなければならないからです。他人に見せるため、失礼なことは一切出来ません。少しの無礼が相手の機嫌を損ねてしまい、関係が崩れてしまうこともあるので、名刺を作成したり名刺の受け取り方をしっかり覚えておくべきです。

 

名刺は目的にあわせて

ビジネスサラリーマンでもフリーランスでも、ビジネスのシーンで始めて会う人と名刺を交換するのは、日本のビジネスマナーの1つ。名刺交換の際の作法だけでなく、どんな名刺を差し出したか、でも、その後の印象は大きく変わります。最近では「名刺は不要」という人も少なくありません。確かに、連絡先を知るためには会社名でネット検索すれば住所も電話番号もわかります。連絡は電話ではなくメールがあればよいし、個人のことを知りたいと思ったらSNSのページを見ると、プライベートな個性も分かります。つながりたいと思ったら、SNSで友達申請すればよいのです。名刺をもらっても、アプリでデータ化して管理し、名刺自体は机の奥、ということも多いでしょう。

ですが、名刺が持つ力は馬鹿にできない、というのも事実。名刺を持っていない人が、個人的にセミナーや異業種交流会に参加して、名刺交換できずに困った、という体験談もあります。よい印象を残すことができれば、仕事にもつながりやすい、それが1枚の名刺の力です。最近では、ビジネス用だけでなく、プライベート用に名刺を作る人も多くなりました。ビジネスに使う場合でも、より自分をアピールできるよう、会社から支給されている名刺にプラスして、自分の特徴などを記載した名刺を渡す人もいます。

名刺が持つ力を最大限に活用するためには、どんな名刺を作成したらよいのでしょうか。重要なのは、名刺にどんな役割をもたせるのか、という、名刺の目的を明確にすること。このサイトでは、名刺の目的を考えながら、効果的なPRツールとしての名刺を作成するポイントを紹介します。

 

キャッチフレーズ付きのオリジナル名刺は素晴らしいツール

これまで仕事で3回名刺をもらったが、営業など外回りの仕事がなく、名刺交換を頻繁に行う機会もなかったため、未だにどういうふうに活用したらいいのかよく分かりません。立場的に積極的に名刺を配る仕事ではないので、自分からは配らないし、逆にもらった時も返すべきなのか迷うことが多いです。名刺交換のマナーや、扱いにも慣れていないため、名刺をもらって話しているうちに話に気を取られ、名刺入れにしまってから名前が分からないという本末転倒なこともよくあります。

ボランティアであるNPOに行き始め、名刺をいただきました。こちらではこの団体のPRをしていかないといけない立場なので、どんどん配ってと言われているものの、慣れていないのでつい名刺を持って行くことを忘れたり、交換しようとして初めて十分残りがないことに気がついたりします。せっかく自分で考えたキャッチフレーズ付きのオリジナル名刺をいただいたのだし、いろんな意味で自分をアピールできるこの素晴らしいツールを最大限活かしたいと思っています。

 

名刺作成は大きな武器

自分で作った名刺名刺は自分を売り込むための大きな武器だと私は思います。なぜならば、人は組織に入ると多くの人と出会います。人間の記憶は、今まで出会った人の顔をすべて覚えておくほど記憶容量をもっていません。しかしエピソード記憶という方法でならある程度は可能である。身近な例であれば、写真が良い例です。個人、または友人、家族と旅行に行き記念撮影をとりました。その記念撮影で撮った写真を数年後見直した時に、これはいつぐらいのどこでどんな風にとった写真かを思い出すことができると思います。

会社の名刺は、写真と同じように相手に顔を覚えてもらうのに有効な手段であると私は思います。しかし、ありきたりな名刺では他の名刺と一緒になり思い出してもらうことが難しいです。そこで、名刺を自分で作成するという手段をとると、他の名刺とは違い印象に残りやすくなります。私のおすすめは個性を出す意味で手書きで作成することですが、時間がかかるのと1日の作成枚数に限界がある事がデメリットであります。今では家庭用のプリンタとパソコンがあれば簡単に名刺の作成をすることができるので気になった方はそちらも利用してみるのもいいと思います。