デザインにもこだわる

デザイン思っているより印象に残っているのはデザイン。必要な情報が見やすくデザインされているか、色やフォントのバランスはどうか、など、名刺のデザインは重要です。デザインやセンスをウリにしている人であれば、名刺のデザイン1つで仕事につながることもありますどんな紙に印刷するか、も重要なポイント。名刺といえば白い紙、と思いがちですが、印刷技術が向上し、プラスチックカードやメタリックフィルム、和紙などの特殊紙だけでなく、木やコットン(綿)素材に印刷したものなどもあります。名刺は手で受け取るもの。思っているより、触れたときの手触りから受ける印象も大きいので、予算があれば、印刷用紙にこだわってみてもよいでしょう

名刺の印刷は個人でも可能です。自宅のプリンターで印刷できる名刺用紙も、さまざまな特殊素材が販売されており、デザインテンプレートも、Webで検索すればデザイナーが作ったものが無料で配布されています。ですが、受け取ったときの印象やインパクトを考えるのであれば、名刺作成業者に依頼して、きれいに印刷してもらうのもオススメ。インク代や紙代などを考えると、コスト的にもそれほど大きくは変わりません。

たった1枚の名刺ですが、そこから広がる世界は無限大。名刺を使う目的をしっかり考えて、ビジネスでもプライベートでも、自分をしっかりアピールしてくれる、大事なパートナーとしての名刺を、作ってみましょう。

参照リンク…高品質な名刺作成ならデザイン名刺.net【即日スピード印刷/発送】

 

名刺は用紙さえ購入すると簡単に作成できる

名刺を簡単に作成する方法があります。まず、名刺の台となる用紙を購入します。用紙は、通販サイトはもちろんのこと近所にあるスーパーの文房具売り場でも簡単に手に入れられます。用紙を用意したら、たとえば購入した用紙の表面に名刺を簡単に作成するサイトがURLとともに紹介されていると思います。そのサイトで作成ツールをダウンロードしましょう。どんな人でも簡単に名刺を作ることが出来ます。名刺の台紙はバラエティに富んでいます。角型のもの角が丸いものなどいろいろあります。名刺用紙が出始めたときのミシン目入りの用紙は、ふちががたがたで、本当に手作り感満載でしたが最近の用紙はきれいにくり抜きが出来て手触りもとてもいい感じです。

作成ツールを使って名刺を作るときに、イラストや写真を組み合わせることもできるのでオリジナル感がとても出ていい感じです。初めて会う人に印象が強く残ること間違いなしです。名刺は、自分の顔でもあります、感じのいい名刺を作ってみませんか。

 

わざと斜めに構えた名刺

名刺の文字は、たいてい横書きで印字されています。たまに縦書きの名刺を見かける事もありますが、オーソドックスなタイプは横書きという事になります。無難に考えるとしたら、横書きになります。ところが、世の中には本当にユニークな名刺が有るものです。この間、斜め書きの名刺を渡されました。デザイナーさんです。しかも、名刺の背景色が黒です。黒い紙に白い文字で書いてある名刺を目にする事は稀にありますが、字を斜めに書いてあるのはさすがに珍しいものです。かなりインパクトが強く、未だに私の脳裏に焼きついています。

印象としては、パンクな感覚です。よく、コンサートなどに行くとたまに黒いTシャツの裏側に派手なイラストや特殊なフォントでの字で印刷されている服装に人を見かけます。パンクな印象を受けるのですが、それと似た感覚を覚える事は確実です。基本、名刺はある程度格式ばったものというイメージをお持ちの方は、字が斜め書きで黒地というタイプを受け取ると強烈なインパクトが残るものなのです。つまり、それが作戦です。ただし、ある程度使う相手を選ぶ必要が有ります。そのようなタイプの名刺に抵抗が有る人ですと、逆にマイナスイメージを与える危険があるからです。